2017-10-23

◆告知・昆虫食ワークショップ11/3開催!◆『古代からきた未来食! 昆虫食は人と地球に優しいスーパーフード』

We Feed The Planet in Japan アジア食の未来会議で、昆虫食のワークショップを(株)昆虫食のentomo代表の松井が担当します。

神大生でアイセックのメンバーとしてウガンダに渡航した西本さんにワークショップを手伝っていただくことになりました。

お申込みはFacebookではなく、「アジア食の未来食」のホームページ https://www.sfynjp.org/ からお願いしますm(_ _)m

日時:2017年11月3日(金) 16:00 – 17:00

場所:デザイン・クリエイティブセンター神戸- KIITO 兵庫県 神戸市中央区小野浜町1-4

 

【ワークショップの概要】
人類は、農耕文化が広く普及する前は、昆虫を貴重なタンパク源として普通に食べていました。

しかし現在の日本では、イナゴの佃煮や蜂の子、ザザムシなどの昆虫食を食べる文化が、一部の地域の伝統食として残っていますが、一般的ではありません。

一方の欧米では、国連(FAO)が2013年に昆虫食を推奨して以降、多数の昆虫食ベンチャーが登場しています。例えば北米では、粉末状のコオロギを使ったプロテインバーやチップスなどが、オーガニックスーパーや百貨店、ニューヨークの空港などでも販売されています。

このワークショップでは、欧米やアフリカの事例を紹介しながら、皆さんと一緒に昆虫食について考えていきます。

是非!シェアをお願いします(^^)
タグ:
関連記事